ピロリ菌を学ぼう!

乳酸菌サプリメントでピロリ菌を退治する

乳酸菌サプリメントでピロリ菌を退治する ピロリ菌は胃の粘膜に生息する細菌で、胃炎や胃潰瘍の原因になります。
胃の中は胃液によって強い酸性に保たれているため、通常の菌は胃の中で生きることができません。
しかしピロリ菌はウレアーゼという酵素を出して、胃の中の尿素を分解してアルカリ性のアンモニアを生成します。
このアンモニアは周囲の胃酸から身を守るバリアの役割を果たすため、死滅せずに活動できるのです。
ピロリ菌は一度感染すると、除菌しない限り胃の中に棲息し続けます。
除菌するには、病院で薬による治療を受ける必要がありますが、日常生活で菌を減少させる方法もあります。
それが乳酸菌の摂取です。
乳酸菌から作られる乳酸には殺菌作用があり、主に腸の中で悪玉菌の働きを抑える役割を持ちます。
乳酸菌の中でもLG21が作り出す乳酸は特に殺菌作用が強く、ピロリ菌の死滅に最も効果があることが明らかになっています。
LG21が配合されている乳酸菌サプリメントを毎日継続して飲むことにより、除菌効果が現れると期待されています。

冷え性とピロリ菌の関係とは

ピロリ菌は、胃の中にいる悪い菌として知られています。
胃癌の原因、発生率を高める、胃潰瘍の原因になるので、ピロリ菌が見つかったら、治療を受けて取り除くことが大切です。
緑茶には、ガンの発生を抑えてくれる働きがあると言われていて、長年の研究から、緑茶を多く飲む地域では、ガンの発症率が少ないと報告されています。
緑茶に含まれるカテキンが多く含まれていて、細胞の増殖を抑える効果があると言われています。
冷え性の人には、緑茶やコーヒーは、身体を冷やすので、ピロリ菌には、緑茶が効果的ですが、冷え性には、緑茶が体を冷やす原因にもつながることもあるので、温かい緑茶を飲むようにしましょう。
体を冷やさないことも大切です。
冷え性だと免疫力も弱くなり、血液の循環が悪い状態なので、自律神経の働きも乱れがちになります。
免疫力を高めて、身体の抵抗力をつけることが、ピロリ菌の活動を抑えて、ガン細胞の活動を防ぐ効果も期待できます。