ピロリ菌を学ぼう!

ピロリ菌とアトピー性皮膚炎

ピロリ菌とアトピー性皮膚炎 ピロリ菌に感染すると胃潰瘍や十二指腸潰瘍などを引き起こしやすくなってしまうことはよく知られています。
実はピロリ菌に感染することで起こす症状はそれだけではないのです。
ピロリ菌はウレアーゼと呼ばれる毒素を作り出す性質があり、その毒素が体全体に行きわたってしまうことで蕁麻疹を引き起こすことがあります。
蕁麻疹は細菌が作り出す毒素などが原因で起こすことがおおくその症状にはいくつか種類がありますが、この場合には皮膚が赤くなったり小さな発疹がでて強いかゆみを伴うのが特徴です。
また痛みや発熱などを伴うこともあります。
そのままにしてしまうとアトピー性皮膚炎にも移行してしまうことがあるため強いかゆみを我慢したりせずに早めに医療機関を受診することが大切です。
ただしアトピー性皮膚炎を患っているからピロリ菌の除去治療をすればアトピー性皮膚炎が改善されるかと言うと、そうとは限りません。
除去治療によって蕁麻疹が改善されている報告は多く出ているため蕁麻疹を放置しないことがアトピーを引き起こす予防となります。

ピロリ菌の影響にはなにがあるか

ピロリ菌は細菌で、酸性に比較的強いため胃の粘膜の中に住み着くことが多い菌です。
食べ物や飲み物から感染しやすく、中高年の場合、ピロリ菌を持っている方は約半数います。
ピロリ菌は感染してもすぐに胃が病気になることはありません。
ですが、影響としては毒素により胃の壁を傷つけてしまうので十二指腸潰瘍や胃潰瘍、慢性胃炎になる可能性があります。
また胃がんになる可能性も通常より高くなります。
慢性胃炎の場合は、胃痛や胃の不快感、胃もたれが長期にわたり続くのでピロリ菌を除菌すると良いでしょう。
菌の影響を受けないためにも除菌療法が効果的です。
除菌療法でが抗生物質を服用したり、胃酸を抑える胃酸分泌抑制薬を服用したりします。
この他、乳酸菌入りのヨーグルトを継続して食べることにより菌の増殖を防ぐこともできます。
菌に感染してしまうと細菌のため、自然に治ることは難しいです。
検査によって判明するので、40代をすぎたら胃の検査を行うようにします。