ピロリ菌を学ぼう!

ピロリ菌が発生した理由

ピロリ菌が発生した理由 ピロリ菌が発生した理由は、昔は上下水道の普及率が低く、衛生状態の悪い地域で感染率が高く、特に水道管の内部のぬめりに菌が繁殖していることが多いです。
現在日本では水道環境は整っているところが殆どですが、50歳以上の場合、子供のことに衛生状態が悪いことがあり感染している可能性は70%以上といわれてます。
ピロリ菌は飲み物や食べ物からも感染しやすいものです。
基本的には口からの口径感染が主なピロリ菌の侵入経路です。
免疫力の強い大人は感染しにくく、幼児期に感染しやすいです。
親子で箸で鍋などを共有しても感染することはありませんが、親が噛み砕いたものを子供に与える行為は感染させる可能性はあります。
乳児は特に免疫が不完全であるため、細菌全般に感染しやすいのです。
ピロリ菌を運ぶのはゴキブリやネズミという報告もあるため、特に子供がいる家庭は台所の清掃は欠かさないようにすることが大切です。
キスなどのコミュニケーションからの感染はゼロに近く、感染する場合は殆どが衛生的な問題があるところということです。

ピロリ菌て何の病気?

ピロリ菌というのは、胃の中に住み着くことのある細菌の名前です。
この細菌に感染している人もいれば、感染していない人もいます。
感染したからといって、例えば食中毒を起こす細菌のように急性の病気を起こすことはまずありませんが、最近の研究によって、長期的には胃炎、胃潰瘍、さらには胃癌までも引き起こす可能性があることが分かってきています。
一般的に、胃の中は胃酸により強酸性に保たれていて、普通の細菌は生存できません。
食物中には、いくら加熱調理されたものであっても、お皿に盛りつけられ口に運ぶまでの間にいくらかの細菌は付着してしまいます。
しかし、多少の細菌であれば、この胃酸によって死滅させられてしまい、人体に悪影響を及ぼすことはありません。
ところがピロリ菌は胃酸の中でも生存できます。
これは、ピロリ菌自身が胃酸を中和するためのアルカリ性の物質を生み出しているからで、そのためピロリ菌の周囲は酸がアルカリにより中和されることで生き延びられるようになっているのです。