ピロリ菌を学ぼう!

ピロリ菌の原因と除菌の方法

ピロリ菌の原因と除菌の方法 ピロリ菌は、胃の粘膜上に住み着くと慢性胃炎や胃潰瘍、胃癌などを引き起こす原因となる菌です。
この菌は口から口への感染、糞便から口への感染があると考えられ、例としては井戸水の飲用、菌を持つ人とコップの回し飲みをしたり、キスによっても引き起こされると言われています。
衛生状態の悪いところではピロリ菌の感染が起きやすいため、発展途上国は先進国に比べて保有率が高いとされていたす。
日本でも戦後の衛生状態の悪いときに産まれた世代はピロリ菌の保有率が高くなっています。
除菌の方法としては、プロトンポンプ阻害薬と抗菌薬のアモキシシリンとクラリスロマイシンの3剤併用による内服治療を1週間続ける一時除菌法があります。
もしも一時除菌法で失敗してしまった場合は、クラリスロマイシンの代わりにメトロニダゾールを使う二次除菌法というものがあります。
これらの治療は、上部内視鏡検査を受けることにより保険診療で行うことができます。
また、除菌後は4週間以上経ってから、ピロリ菌がいなくなったかどうかの簡易検査を行います。

知識があればピロリ菌も除菌可能!

ピロリ菌は胃の粘膜に感染すると、胃潰瘍や胃ガン、慢性胃炎を引き起こす原因となります。
感染の原因としては、井戸水の飲用や保菌者と宴会でコップの回し飲みをすることや、キスをすることなどが挙げられます。
南米の方では濃厚なキスをするため、菌が移りやすいのだという話もあります。
また、衛生環境の悪いところではピロリ菌が蔓延しやすいとされており、発展途上国は先進国に比べて菌の保有率が高いとされています。
日本でも戦後の衛生状態の悪いときに産まれた世代は保有率が高いというデータもあります。
しかし、ピロリ菌に感染したからといって必ず症状が出るわけではありません。
また、知識があれば、正しく病院を受診して除菌することができます。
ピロリ菌を保険診療で治療するためには、まず上部内視鏡検査を受ける必要があります。
また、保菌しているかどうかは血液検査や尿検査でも調べることができます。
もしも保菌していた場合は、お薬3種類を1週間飲むことよって除菌することができます。
お薬を飲んで除菌することで、将来の病気の可能性を減らすことができます。
正しい知識を持てば決して怖い菌ではありませんので、まずは病院を受診して相談すると良いと思います。