ピロリ菌の除菌とダイエット効果

ピロリ菌の除菌とダイエット効果

ピロリ菌の除菌とダイエット効果 ピロリ菌とは、胃の中に住みついて胃の壁を傷つけてしまう細菌になります。
慢性胃炎や胃潰瘍になってしまう原因そのものともいえる細菌です。
胃の調子が悪くて病院に行ったらピロリ菌のせいで不調だったと言うことも考えられます。
放っておくと胃炎や胃潰瘍を誘発するだけではなく、胃がんになるリスクを高め、胃の病気にかかりやすくなってしまうなどさまざまなデメリットが上げられます。
しかし、ピロリ菌を除菌することは簡単で薬を1週間程度服用するだけで治療することができます。
積極的に除菌することは、胃の健康を取り戻すだけではなく、美容にもメリットがあります。
治療することによって胃の調子が良くなり、内臓器官が正常な状態に改善されるため便秘解消や痩せるなどのダイエット効果もあるとされています。
ダイエット効果を期待する場合には、ピロリ菌の増殖を抑制するヨーグルトなどを併用することによってより高い効果を期待できます。
しかし、健康な状態になったからと食べる量が増えてしまっては逆に太ってしまうため注意が必要です。

大腸がんとピロリ菌の除菌について

ピロリ菌とは、胃の中に住みつき胃の壁を傷つけてしまう細菌です。
傷つけられることで胃は粘膜を減らして、酸の攻撃を受けやすい状態になってしまうため、胃炎や消化性潰瘍などの発症させる原因になってしまいます。
胃炎や胃潰瘍を誘発させるだけではなく、胃がんになってしまうリスクが20倍以上高くなります。
胃の疾患に対しては非常に大きな影響を及ぼす細菌ですが、基本的に大腸がんとピロリ菌は関連性がないといわれています。
しかし、直腸がんに限ると萎縮性胃炎のリスクは3倍程度高くなってしまうもされています。
ピロリ菌は胃の疾患の原因ともいえる細菌です。
つまり、除菌をしてしまえば胃の病気になるリスクは大幅に下げることができると考えられています。
除菌を行なう場合には、薬剤を服用することで除菌することができます。
また、細菌をすぐに取り除くことはできませんが、乳酸菌が入ったヨーグルトなどを食べることによってピロリ菌の増殖を抑えることができると人気になっています。