ピロリ菌を学ぼう!

ピロリ菌の除菌中、下痢や便秘になりやすい理由

ピロリ菌の除菌中、下痢や便秘になりやすい理由 ピロリ菌検査で、陽性の場合に、7日間除菌治療として薬を服用します。
その影響で、人によっては下痢や便秘になる事があります。
治療薬には、抗生物質を服用するので、その薬の抗菌作用が善玉菌に働いてしまい、腸内環境が乱れる事が原因とされています。
つまり、下痢や便秘は副作用でありますが、その副作用に対して、一緒に整腸剤を処方してくれる医師もいます。
副作用は、人それぞれで、抗生物質とその人の身体や健康状態などの相性により多様なので、人により、便秘になることも、下痢になる事も、どちらもならない事があります。
服用に関する不安がある場合や、除菌治療予定日に重要な用事がある場合には、除菌治療を開始する前にしっかり服用期間等を医師と相談して、自身が納得してから始める事が懸命です。
ピロリ菌の治療は、薬の服用で手軽にはなってきていますが、普段の見慣れていない成分が身体に入るので、腸内環境に限らず副作用が出る事をふまえ、医師の指示に従う事も大切になります。

ピロリ菌の除菌の前に適度な運動で生活を改善

ピロリ菌の検査が保険適用になる場合は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎などの疾患がある場合です。
特に疾患などがない場合で検査をうける場合は、自費診療になります。
ピロリ菌は胃潰瘍などを引き起こす原因にもなることは知られていますが、特に胃潰瘍などの症状がない場合が保険適用外になるのは、菌の薬への耐性や、健康状態や体質などが伴っていないためで、特定の疾患がない、高齢者への除菌などは副作用の発症率が高くなる可能性があるためです。
すでに胃潰瘍などの疾患がある場合は、胃潰瘍などの症状を改善するための薬が効かなくなったり、重複する薬がある場合があり、症状の治療の前にピロリを除菌する必要があるのです。
胃の調子が悪くピロリを疑っても胃潰瘍などの症状がない場合、検査を自費診療で検査をうけることも良い方法ですが、生活習慣や食生活を見直して健康的な生活をすることも良い方法なのです。
早寝早起き、毎日の排便習慣、適度な運動、腹八分目の食事などに生活を改善することで免疫力も上がり、ピロリ菌が引き起こす疾患にかからないような体になります。